投稿日:

赤み肌の改善

赤み肌の改善

赤み肌とはお肌の健康に異常はないものの、赤みを帯びているお肌となります。
顔にこの症状が出ている場合、赤ら顔などと呼ばれることもあります。
まるでお酒でも飲んでいるように赤みが指すため、人目が気になったり、個人的な悩みとなったりしていることも珍しくありません。
この赤み肌をできれば改善したいこともあるでしょう。
続きを読む 赤み肌の改善

投稿日:

吹き出物の診察

吹き出物の診察

吹き出物はニキビのようなもので、できると美容面のお悩みになりがちです。
しかしこれは一般皮膚科で対応可能な症状になるため、アトピーやじんましんの患者と同じく一般皮膚科を受診すれば治療できます。
このときの診察はどうなるかというと、医師がその吹き出物を確認し、診断をして薬を処方するという流れとなることが多いです。
吹き出物の診断のために特別な検査は必要ないことが多く、診察室で医師が患部を確認して終わりという簡単な診察で済む場合が多いです。
そして吹き出物はニキビと同じく顔にできることが多いですから、服を脱ぐなどの手間も必要なく、手軽に医師の診察を受けられることが多いですよ。
続きを読む 吹き出物の診察

投稿日:

皮膚科でのタコ治療

皮膚科でのタコ治療

足の裏など、一部分だけ皮が分厚くなっている個所ができる場合があります。
これがタコと呼ばれます。
似た症状に魚の目があり、タコと非常によく似ていますが、タコの場合は痛みなどがあまり出ないのが特徴です。
魚の目の場合、一見するとタコと同じように皮が分厚くなっているだけのように見えますが、実は中央に角質の柱のようなものができており、これが足の裏を圧迫する形となるため、歩くと痛みが出てくるのが特徴です。
タコの場合はこのような角質の柱などはなく、歩いたときの痛みもあまりないのですが、見た目を気にする方もおられますし、そこだけ何か違和感があって気持ち悪いということから治療を希望される方もよくおられます。
また、タコも大きくなると痛みが出る場合もないわけではありませんから、そのようなときは早めに治療を考えてください。
治療は皮膚科で可能です。
続きを読む 皮膚科でのタコ治療

投稿日:

皮膚科でのミズイボ治療

ミズイボができたら

ミズイボとは体にできるイボとなります。
水ぼうそうのことと思うかもしれませんが、それとは別の症状です。
水ぶくれとは違って、できるイボにはウイルスの塊が入っています。
指で触ると潰れて治ったように見えるかもしれませんが、このときには指や患部周辺にはこれを作っていたウイルスが付着しており、それによって新しいミズイボができることもあります。
もちろん他人にうつることもあります。
早期治療を考えるなら皮膚科での治療がおすすめです。

ミズイボになりやすいのは誰?

なりやすいのはどちらかというと子供です。
一度ミズイボになるとやがて免疫がつき、自然にこのイボは治りますし、他人からうつされるといったことも減っていきます。
そのためミズイボになりやすいのは、まだこの免疫を持っていない子供が中心となるのです。
ただ、大人でも子供のころにミズイボをやっていなかったり、免疫力が落ちていたりする場合はかかることもあります。

ミズイボの治療について

ミズイボは自然に治ることもあります。
特に何もしなくてもやがては体がこのウイルスに免疫をつけるため、自然に症状が治るのです。
ただし、免疫がつくまでには半年から数年といった期間が必要になることもあり、早期治療を希望するなら皮膚科での治療がおすすめです。
このときの治療方法ですが、ピンセットでイボをつまんで取るという方法があります。
その処置によってすぐにミズイボを除去できるため、効果的な方法となりますが、やや痛みがあります。

処置の前には患部に麻酔をしますが、多少の痛みを感じることはありますから、そのつもりで受ける治療となるでしょう。
患者の多くは小さい子供となることから、痛みのない方法がよければヨクイニンという漢方薬を飲んで治すという方法もあります。
痛みや副作用などもなく、薬の味もそれほどないため、小さい子供でも受けやすい治療となりますが、治るまでにはやや時間がかかる方法となります。

治療費について

ミズイボを皮膚科で治療するときの費用ですが、これはそれほど高額にはならないことも多いです。
検査などは必要なく、すぐにミズイボだと診断が出ることも多いですから、診察料や処置代などを含めても2000~3000円ほどで間に合うことが多いでしょう。
ピンセットでミズイボを除去するのではなく、痛みのない薬での治療を希望した場合、治るまでの期間、その薬が必要になるため、総額でみるとピンセットでの治療よりは治療費が高くなる可能性があります。

投稿日:

アレルギー検査について

アレルギー検査

アレルギーを持っている方など、うまく症状と付き合うためにも自分が持っているアレルギーを調べたい場合もあるでしょう。
特定の季節やタイミングで鼻水やくしゃみが止まらなくなる、目が非常にかゆくなる、お肌がかゆくなるなどアレルギーが疑われる症状があれば、病院では保険適用で検査を受けられます。
この結果を見れば自分が強く反応しているアレルゲンがなんなのか、よくわかります。
この検査は耳鼻科などで受けられることが多いですが、皮膚科でも受けられる場合があります。
アレルギーの診察や治療にも力を入れている皮膚科があれば、そちらで検査の相談をしてみるといいでしょう。
続きを読む アレルギー検査について

投稿日:

肌の悩みの改善

肌の悩みで皮膚科を受診

肌の悩みで皮膚科を受診できる場合もあります。
悩みの原因はお肌に起こる異常や病気となることも多いからです。
アトピーのように病院を受診せずにはいられない強い症状が出るわけではない場合、無理に病院を受診する必要はないのですが、病院で治療できる症状は病院で相談すると、効果的に改善できる場合もあります。
その悩みが長く続いているときなど、皮膚科の受診も考えてみるといいです。

治療費はいくらかかる?

ただこのときには費用が気になりますよね。
医療サービスはえてしてお金がかかります。
お肌の悩みの改善のために皮膚科を利用するといくらかかるのか、事前に確認したいでしょう。
これについて悩みの内容によっては保険適用で診察を受けられるため、あまりお金はかかりません。
保険診療なら治療費計算の単価はやや低めに設定されていますし、その上で3割負担のみとなるため、自己負担額を抑えやすいのです。

いくらなのかというと、まず診察料として1000円ほどかかる場合が多いです。
これは初診で皮膚科を受診したときの値段で、再診なら400~500円ほどで済む場合もありますね。
これくらいの費用になるのは、肌の悩みの症状によっては特に病院での処置や検査が必要ないからです。
病院での費用は診察時に医師から処置を受けたり、特定の検査を受けたりしたときに高くなります。
ただ、お肌の悩みとなっている症状によってはこれらが必要ない場合も多いのです。

たとえばニキビなどよくあるお肌の悩みですが、ニキビの診断には特に検査は必要ありません。
病院で処置を受けることも少ないですから、診察料のみとなる場合も多いのです。
あとは薬代ですが、数個のニキビだけならあまり薬の量も必要ないため、1000円以内に収まることもあります。
実際にかかる薬代は処方された量によりますから、ニキビが多いときは薬代も高くなりがちです。

これらの合計費用がお肌の悩みの改善に必要な治療費となりますが、病院での処置や検査が必要ない、薬も大量には必要ないといったケースだと、合計して2000~3000円あれば足りることも多いです。
保険適用となる症状ならそれほど高額にもなりませんから利用を考えてみるといいでしょう。

特別な対応が必要な場合は?

お肌の悩みの症状によっては病院での処置が必要になる場合もあります。
たとえば足や手にイボができている場合、病院で液体窒素を使った処置を受けることが多く、このときは診察料とあわせて2000円ほどかかる場合もあります。
病院での処置や検査などが必要になる場合、診察料が少し高くなりますから、そのつもりでお金を用意しておくといいです。

投稿日:

皮膚科で自由診療を受けると?

皮膚科での自由診療

一般的に皮膚科を受診するというとアトピーやニキビといった症状の治療のため、一般皮膚科を受診するイメージがあるでしょう。
しかし皮膚科の場合は美容皮膚科といった病院もあり、こちらでは自由診療を受けられます。
自由診療とは保険適用がなく、全額自己負担で治療費を支払う受診のことです。
金銭的な負担は一般皮膚科よりも重くなりがちですが、その代わりに一般皮膚科ではできない診察や治療、処方が可能です。

美容皮膚科で行われるのはレーザー機器を使った脱毛や、シミやしわを改善するための施術や薬の処方といったものです。
これらはいずれも一般皮膚科では対応できない内容になります。
一般皮膚科で行われている診察や施術、処方はお肌の健康に関するもので、今起きている異常や病気を治すためにするものだからです。

しかし医学の知識や薬は美容のためにも役立ちますから、全額自己負担となる自由診療でよければ、そのような診察や施術、処方も美容皮膚科でやっています。
経済的な負担はややありますが、その代わりに美容のケアができるため、美容への関心が高い方から利用されています。

自由診療の料金とは

一般皮膚科を利用したときに料金を先に確認する方はあまりおられないと思いますが、自由診療を利用したときは料金の確認が大事です。
普段の皮膚科の受診では健康保険が適用されているおかげで、診察料も薬代も総額の3割ほどに抑えられているのです。
自由診療を利用するとこのような料金軽減がないため、普段よりも総じて請求金額が高くなるのです。

具体的にいくらになるかは病院によっても変わりますし、利用した診察や施術によっても変わります。
例をご紹介しましょう。
新宿のある美容皮膚科の例ですが、こちらではレーザー脱毛をやっています。
女性がこれを利用した場合、部位によって料金が変わる仕組みです。
両ワキで1回あたり2500円となります。
ひざ下に施術したときは9000円ほどかかります。
このように部位単位で料金が決まっており、施術する部位が増えるほど料金総額も増えていきます。

施術内容が変わると料金もやはり変わります。
こちらの病院ではシミを消すためのレーザー治療もやっているのですが、顔にこれをやった場合の治療費は8000円ほどです。
先にご紹介した通り、これら料金に健康保険は適用されないため、全額自己負担となる点は忘れずに料金の計算をしてください。

皮膚科で自由診療を受ける場合、このように一般皮膚科では対応できない内容でも相談できるのですが、その代わりにその病院が設定する料金を全額自分で払う必要があります。
同じ治療内容でも病院によって料金も変わりますから、必ず自分が利用する新宿の美容皮膚科での料金を確認することも大事です。

投稿日:

新宿の皮膚科は口コミまとめ

新宿の皮膚科を利用する場合は、口コミを参考にして選んでみるのがおすすめです。
実際に使ったことがある人の意見というのは、とても参考になります。
その病院の良さを知ることはもちろん、どのような症例で対応してもらったのかについても知ると、より具体的な相談についてのイメージが持てるのではないでしょうか。
新宿には色々な皮膚科があるので、口コミで良いところから選んでいくのも良いです。
続きを読む 新宿の皮膚科は口コミまとめ

投稿日:

皮膚科での蕁麻疹の治療費

蕁麻疹は誰でもなってしまう皮膚病の1つです。
蕁麻疹が厄介な点は、さまざまな原因があるということです。
それらの原因が融合し、皮膚に影響をもたらすことが多いと考えられています。
実際に蕁麻疹は食事や運動、睡眠などの生活が原因になっていることもありますし、仕事やプライベートで極度のストレスを抱えている場合などにも悪化します。
続きを読む 皮膚科での蕁麻疹の治療費

投稿日:

皮膚科での水虫の治療費

水虫は中年サラリーマンの宿敵とも言える皮膚病ですよね。
ただ、近年は外回りで営業を頑張っているサラリーマンの方以外にも、水虫で悩まされている方は多いです。
特に近年増えているのがブーツなど通気性の悪い靴を履いている女性です。
水虫と言えば男性と言うイメージがあるかもしれませんが、モデル顔負けのブーツで歩き回っているフェミニンガールの悩みとしても大きくなってきています。
続きを読む 皮膚科での水虫の治療費